刺青男は逝きそうになる妻を焦らし・・・