自分でも信じられないぐらい、濡れていました