「痛い」と連呼していた彼女