体は俺のものだが、やはり心は今でも夫を愛しているのだ