『じゃあ…入れて♪』といいながら後ろを突きだしてきた